研究室トップページ

作成日: 2014.01.24

本シンポジウムの午前のセッションは、東工大COI-Tプロジェクト「オンデマンド・ライフ&ワークを全世代が享受できるSmart社会を支える世界最先端ICT創出COI拠点」のキックオフシンポジウムと位置づけられるものです。その取り組みの構想と方法についてご説明するとともに、ヨーロッパにおける同様の巨大プロジェクトであるFuturICTの中核メンバーであるHelbing教授から、本プロジェクトへの期待と連携について熱く語っていただきます。
 引き続き午後には、ICTと新たな社会的な価値創造に関して、ドイツ・フィンランド・日本の取り組みについて第一人者からお話しいただくとともに、登壇者によるパネルディスカッションを行います。
入場は無料ですので、ご関心をお持ちの方々の多数のご参加をお待ちいたします。
+++
日時:2月24日(月)9時30分から
場所:東京工業大学 田町キャンパス キャンパス・イノベーション・センター(CIC)、1階大ホール

参加方法:2月17日までにsmartcoi2014@gmail.com へ、お名前、所属、肩書き、メールアドレスをお送りください。参加は無料ですが、申し込み多数の場合は先着順とさせていただきますので、ご了承ください。
プログラム(英語での講演、通訳はありません):
9:30 – 9:40 Welcome Address (Yoshinao Mishima, President, Tokyo Tech.)
9:40 – 10:00 “Toward Center-of-Innovation Creating Advanced ICT for Smart Society Featuring On-Demand Life and Work” (Shigeyuki Akiba, Project Leader, KDDI R&D Lab.)
10:00 – 10:30 “Zero Power Devices and Advanced Network for Smart Society” (Shunri Oda, Research Leader, Tokyo Tech.)
10:30 – 11:00 “Semiconducors in Smart Society (Masao Fukuma, Semiconductor Industry Research Institute Japan)
11:00 – 12:00 “FuturIct – A Planetary Nervous System and Other Social Information Technologies to Benefit Society” (Dirk Helbing, ETHZ, Switzerland)
12:00 – 13:15  Lunch
13:15 – 14:00 “Japan’s Potential as a Lead Market for Age-based Innovations” (Cornelius Herstatt, Hamburg University of Technology, Germany)
14:00 – 14:45 “KIBS as Innovation Agents – Current Development and Future Scenarios in Europe” (Marja Toivonen, VTT Technical Research Centre of Finland, Finland)
14:45 – 15:15 “Architecture Design for Distributed Hyper Variety Service Systems”: Toward Real World Operating System” (Hiroshi Deguchi, Tokyo Tech.)
15:15 – 15:35 Coffee Break
15:35 – 17:00  Panel discussion “World‘s Most Advanced ICT and its Contributions to Smart Society ” (Presenters, David Ing, Gary Metcalf and Jennifer Wilby, (Chaired by Kyoichi Kijima, Tokyo Tech.))

コメントを残す

ページの先頭へ